T’s学習塾について

「当塾ならでは」の強みをご紹介いたします


当塾の授業内容は「お子さま専用」

集団塾や一般的な個別指導塾では「学校の授業内容に合わせた箇所を予習・復習して進めていく形式」をとっている塾が多いと思います。
もちろん、当塾でも基本的には学校の学習内容、テスト範囲に合わせて授業をしておりますが、
中には「もう少し前の学年、前の単元にさかのぼった方が理解しやすそうだな」「もう少し高度な内容に取り組んでも大丈夫そうだな」といった生徒さんもいらっしゃいます。
そういった場合は、学校の進度やテスト範囲にかかわらず、その子がいま一番必要とする内容に取り組んでいただくようにしております。
中には小学校の分数の計算練習などから振り返って練習する生徒さんもいらっしゃいます。
これは別に恥ずかしいことでもなんでもありません。

「直近のテスト範囲を付け焼き刃で取り組むよりも、基礎からしっかりと理解し直すことで、最終的な目標の入試対策につなげる」

当塾ではこの考えを優先し、本当に生徒さんに必要な授業を実施しております。


テキストや宿題も「お子さま専用」

既に塾に通われている方であればご存知かもしれませんが、塾では一般的に全員が同じテキストを使用し、同じ宿題を出されるといったケースが多いです。
これは教え方にばらつきが出ないようにし、安定感のある授業を提供するためです。
しかし、そのテキストや宿題は本当に「あなたのお子さま」に一番合っているのでしょうか。
そう考え、当塾ではお子さまのレベルや学校のテスト傾向などを確認し、複数のテキストの中からもっとも合ったものを選んで授業を実施しております。
宿題も全員一律で同じものを出題することはなく、理解度に応じて一人ひとり考えて出題させていただいております。
これは個人経営ならではのきめ細やかさだと自負しております。


成績アップしやすい勉強方法

成績が伸び悩んでいる子で一番多いのが「何をどんなふうに勉強すればいいのかが分からない」といったご相談です。
これまで多くの生徒さんをみてきて実感していることがあります。
成績を伸ばすのに必要な要素は「やる気」と「勉強方法」の2点が非常に重要だということです。
そこで当塾では、お子さんの過去のテスト結果などを分析し、一番成績につながりやすい授業や自学のアドバイスなどを実施しております。
その結果成績につながった生徒さんは数多くいらっしゃいます!

事例1(中央台南中のYさん)
入塾時に数学50、英語40点→入塾後のテストからは数英ともに80~90点台を安定してキープできるように!

事例2(中央台北中のHくん)
入塾時に数学5点→1年半後になんと数学72点獲得!

事例3(草野中のKくん)
英語が一番の苦手科目で、偏差値42→受験直前には52までアップし、学校の面談で「危ない」といわれていた高校へ余裕の合格!

事例4(中央台北中のSさん)
入塾時に定期テスト5教科300点、順位は75番→半年後には5教科405点!順位は50人以上ごぼう抜きし21番に!

上記はあくまで一例にすぎず、同様の成績アップを成し遂げた生徒さんは毎年多くいらっしゃいます。
このように、勉強方法を変えたりやる気を出すことによって飛躍的に伸びることも少なくないのです。
成績アップを果たすことで「勉強が楽しい!」「次はもっと頑張りたい!」といったモチベーションにつながる効果もあります。


いわき市に特化した定期テスト対策

小学校の小テストや中学校・高校の定期テストは学校の先生が作成することがほとんどです。
そのため、その学校ごとの「色」というものがあります。
難易度、問題の傾向、テスト形式、配点バランスなどが学校によって異なるのです。
当塾ではいわき市の各学校のテストから傾向を分析し、一人ひとりの生徒さんの在籍学校に合わせたテスト対策を実施しております。
中央台北中であれば中央台北中の、平三中であれば平三中のテストに近い類題を実践してもらっています。
そうすることで、あらかじめテスト本番に近い問題に慣れておくことができます。


5教科のレベルアップも実現可能

個別指導塾では、基本的に「週1で通う場合1教科を、週2で通う場合2教科を集中的に学習する」といった形式となっております。
当塾でもそのような形式をとっており、生徒さんのほとんどが数学や英語を選択しております。
その際、保護者様からよくいただく声として「数学や英語が特に苦手だけど、なるべく5教科とも成績アップさせてあげたい」というものがあります。
当塾ではそういった意見をふまえ、一例として下記のような取り組みも行っております。

例)普段塾で英語を受講している生徒さんから「テスト対策として自宅で英語以外の4教科も勉強したい」といったご相談があれば、テスト範囲のプリントを配布しております。

例)普段塾で数学を受講している生徒さんから「数学は今回自信があるので、今日の授業は別な教科をやりたい」といったご相談があれば、随時教科を変更して授業を実施しております。

例)普段塾で英語を受講している生徒さんから「学校の数学ワークで分からない問題がある」といったご相談があれば、塾の受講教科でなくとも質問OK!

定期テストの1~2週間前には毎回「テスト対策勉強会」を無料で実施しております。
好きなワークやプリントを集中できる環境で取り組むことで勉強効率アップを図っております。
もちろんこの時間帯にも質問OK!5教科どの質問でも受け付けております。

理科社会は、他の3教科と比べて語句や内容を暗記することで成績アップにつながりやすい教科です。
その一方で、どうしても理科社会だけ成績が上がらない、自宅ではやる気が出ない、といった悩みが多い教科でもあります。
そこで当塾では「理科社会集団授業コース」を設けております。
個別コースで数学や英語を、集団コースで理科や社会を学習する習慣をつけることで、全体的にレベルアップしている生徒さんも多くいらっしゃいます。

実際、去年「理科社会集団授業コース」を受講した生徒さんは、理科社会ともに偏差値が平均4.1アップしました!
※理科60分、社会60分の全12回の授業を実施
※新教研7月号と新教研2月号で偏差値を比較

テストに出やすい内容にしぼって無理のないペースで授業しておりますので、生徒さんの集中力が持続し、語句や内容の効率的な暗記につなげております。


教室長より

「勉強をやりたくない」、「勉強が嫌い」、この言葉はよくお子様から聞こえる声ですよね。
子供が勉強をやりたくないことは当たり前です。

その中でテストの点数が取れないから嫌いという意識を持っているお子さまは非常に多いです。
そんな場合、テストの準備をしっかりと行い、テストでよい点数を取ることを経験すればテストは楽しみになってくるでしょう。
テストの結果が返ってくる日が楽しみになるはずです。
我々はそんな楽しみを持つお子さまを増やすべく、可能な限りのサポートをして参ります。

私はこれまで化学系の大学院を卒業し、一技術者として過ごしてきました。
その中で分かったことが、知識の厚み、特に小中学校・高校・大学での勉強の積み重ねが非常に重要ということです。
その知識が技術者としての明暗をわけておりました。
重要なことは小中学生の時に基礎を形成することです。

「学問に王道なし。」
急いで勉強を始めても学問に王道(近道)はありません。
成績に悩まずに、まずは相談にいらしてください。
相談にいらしたからと言って入塾を強制することはありません。
是非お待ちしております。